晩ご飯に健康ひと品

晩ご飯に健康ひと品

健康診断で家人の血糖値が要注意となった。
まだ糖尿病というわけではないが、生活習慣の見直しをするよう医師から言われてしまったそうだ。
こちらも人ごとではないのでまずは食生活から見直そうと考えたが、かといっていきなり大きく食習慣を変えるのは難しい。
そこでとりあえず晩ご飯に健康に良さそうなものをひと品加えることにした。

 

引いたり置き換えたりするのは難しいが、足すのならば何とかなるだろうと考えたからだ。
といっても難しい料理はしていない。

 

ネットや本で調べ、健康や血糖値抑制にいいとされている食品を日替わりで加えているだけだ。
例えば、ある日には梅干しを一粒出した。
梅干しは疲労回復や解毒・調整作用があり、そのうえ炭水化物と一緒に摂ると血糖値の上昇を抑える効果があるという。
ただし塩分も高いので一日三粒を超えて摂取するのはよくないらしく、ならば一食分は一粒だと添えてみた。
また、別の日には納豆を添えて出した。

 

納豆には血液をサラサラにする成分が含まれており、食物繊維も豊富な健康食品である。
家人は納豆を混ぜるのが面倒で外では手を出さないと言っていたので、100回以上混ぜておくと美味しく身体にもいいという情報を信じて白くなるまで混ぜたものを出したら、美味しいと喜んでくれた。
さらに別の日にはひじきとじゃこの和え物を出した。

 

ひじきは食物繊維が豊富で整腸作用があり、じゃこはカルシウムが豊富で美肌効果もある。
簡単に作れる割には美味しく、家人もご飯が進むと食べていた。
このような調子で、毎日健康にいいとされる食品をひと皿夕食に加える生活をひと月ほど続けたら、家人が最近身体の調子がいいと言ってくれた。
医者に調べて貰ったわけではないが毎日の寝起きがよく、体重も2キロほどだが減ったという。

 

自分もこの一ヶ月でお通じがずいぶん改善されたので、やはり健康にいいものを少しずつ増やしていった効果が上がっているのだろう。
食生活を大きく変えることなく可能な、晩ご飯に健康にいいものをひと品プラス。
品自体は数種類のローテーションで十分なので、試してみてはいかがだろうか。